多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは?

白内障の手術の際には濁った水晶体の中身を取り出し、代わりに眼内レンズを挿入します。
眼内レンズは通常一か所のみにしかピントが合いませんので、遠くの度数に合わせれば近くを見る時に、近くの度数に合わせれば遠くを見る時に眼鏡が必要になります。
そこで登場したのが多焦点眼内レンズです。
多焦点眼内レンズは、手元と遠くの2か所にピントが合うので眼鏡への依存度を軽くすることができます。

多焦点レンズについてよくある質問

[ultimate-faqs include_category='faq-08']

タイトルとURLをコピーしました